ABOUT 
SDGsSDGsへの取り組み

現在の社会課題とSDGsの関連食糧に関わる問題を解決
しなければ、
地球上での健全な
生活を持続できない

人口爆発に伴う食糧危機の顕在化プロテイン・クライシス

世界人口
国連の予測によると、2050年までに世界人口は90億人に達すると見込まれる。
タンパク質
その過程の2025〜2030年には、世界のタンパク質に供給が追い付かないことになると推定される。

地球温暖化(畜産を通じた温室効果ガスの排出)

  • 畜産に由来するCO2排出量は車や電車、飛行機や船などの交通機関が1年間に排出するものとほぼ同じ量。
  • CO2の21倍の温室効果をもたらすメタンガスの排出量の約37%は畜産由来。
  • 30年後には温室効果ガスの52%が畜産由来となる。

生産の1/3に上る食品ロス

  • 世界では食品ロスを含め食品廃棄物の量は13億トンにものぼり、年間の生産量を 40億トンとすると、その約3分の1は廃棄されていることになる。

肉食と発がんリスクの相関

  • WHOの専門機関、国際がん研究機関(IARC)は加工肉を毎日食べた場合、50グラム(ベーコン2切れ以下)ごとに大腸がんにかかる確率が18%上昇すると発表

出典:国連「世界人口予測・2017 年改定版」
国際がん研究機関(IARC)、国連 WFP

製品・プロセス・人を通じSDGsの
全テーマに貢献することを目指しています。
SDGs各項目と
当社取組みの目指す姿

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

※横にスクロールします

ディーツフードプランニング株式会社のSDGsへの取り組み